2010年6月6日に女の子を生みました☆
6月生まれの赤ちゃんとママの日々をつづっています。
同じく6月生まれの赤ちゃん・ママや6月出産予定のプレママさんの参考になればうれしいです♪
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
母乳の糖度はどれくらい?(虫歯撃退教室に行く)
おっぱい星人のづっくちゃん。
夜中の授乳回数は、もうすぐ1歳3ヵ月に
なろうというのに5回はあります。。。

加えて、大の歯磨きギライ。

歯ブラシは大好きなんです。
歯ブラシを渡すとひたすら口にくわえて
ガミガミ。
あっという間に、歯ブラシの毛を歯で
噛み抜いていました。
これはイカン!と歯ブラシを取り上げると
すごい勢いで怒ります。

そんなこんなで、歯磨きをするのは一大事。

もう歯は12本生えているので
そろそろ虫歯が恐い!

ということで、区が行っている
『虫歯撃退教室』へ参加してきました。

母乳自体には虫歯になる要素はないそうなのですが
上の前歯の裏にちょうど乳首が当たって乳カスが
たまり、そこに糖分がくっつくと歯石になって
よく磨けていないと、その歯石がネバネバ
酸性になって歯を溶かして虫歯になっていくそうです。。

前歯の裏って、めっちゃ磨きにくいところじゃん!

ちなみに下の前歯の裏は、わりと唾液が溜まるので
歯石がたまりにくいそうです。

教室では、歯科衛生士さんがひとりひとり歯をチェックして
磨いてくれました。
歯を磨く強さは、100〜150グラムくらいが
良いそうです。スケールの上で歯ブラシを動かして
強さをチェックしました。意外と今までは力が弱かったようです。

赤ちゃんは、歯磨きをしてもらって
み〜〜〜〜〜〜〜んなギャン泣きしてました。
「この時期の赤ちゃんで歯磨きを嫌がらない子は少ないので
安心してください。まずは、スキンシップから始めて
口の周りを触られることに慣れさせてあげましょう」
とアドバイスをいただきました。

で、歯磨きレッスンの後、市販の飲料の糖度を
調べるコーナーがあったのですが、

ベビーイオン水が「4」
ポカリが「6」
ドデカミンも「6」

(すみません、メモリの単位は忘れました…)
という結果に。
「4」でも、お砂糖のスティックに換算すると
かなりの本数だったのに、
なんと、母乳を提供してくれたママさんがいて
糖度計を覗いてみると、、、
メモリは「10」!!!!!ギョエ〜〜〜〜〜
甘すぎだ〜〜〜〜〜

しっかり歯磨きしなくては!



+-- 最後まで読んでいただき、ありがとうございます。 --+
   同じく子育て中のママ・パパのブログが読めます↓♪
    
           にほんブログ村 子育てブログへ  
           にほんブログ村
| 21:29 | +- 1才2カ月 -+ | comments(0) | trackbacks(0) |
もしかして、お手伝い!?
 今日の夕方、づっくちゃんのお散歩がてら
ティッシュペーパーを買いに行ったのですが
レジに並んでいるときから、どうもティッシュが
気になって気になって仕方がないづっくちゃん。

ビニールの紐を掴むと、離しません!
レジのお姉さんも少し困ってました・・・
無理やり取り上げると、足をジタバタ
キーキー言って地団太。
仕方がないから、ティッシュの箱を渡したところ
引きずって歩きだしました!



もしかしてお手伝いをしてくれているのか!?
このまま家までティッシュを運んでくれました。

一番下のティッシュの箱がボロボロになっていたのは
いうまでもありません。





+-- 最後まで読んでいただき、ありがとうございます。 --+
   同じく子育て中のママ・パパのブログが読めます↓♪
    
           にほんブログ村 子育てブログへ  
           にほんブログ村
| 23:23 | +- 1才2カ月 -+ | comments(0) | trackbacks(0) |
お風呂に落ちた!!
 びっくりしました、本当に。

事件は、夕方づっくちゃんをお風呂に入れいていた時のこと。

づっくちゃんのカラダを洗い終え、
自分のカラダを洗っている間
いつものように、洗い場でづっくちゃんを自由に
させていました。
いつもは、シャンプーを持ち上げたり
床を叩いたり、おもちゃで遊んで待っていてくれるのですが、
今日は久しぶりのお風呂で
(最近は暑くってお風呂って気分ではなかったんです)
湯船にお湯が溜まっているのが気になったよう。
浴槽に身を乗り出して手を伸ばして
お湯をバシャバシャしていました。

一応、浴槽の高さが身長の半分以上はあったので
まさか落ちないだろうと
シャンプーをしながら見ていたら

スルン

え?


一瞬でした。一瞬のことでしたが
落ちていく様はスローモーションのように
はっきり見えました。

泡だらけの手で、湯船に落ちたづっくちゃんを
掴んで抱き抱えました。

沈黙のち大泣き。
よかった、よかった、泣いたよ〜!!!
幸い頭も打っていないし、水も飲まなかったよう。
しばらく泣いてからはご機嫌にお風呂に入ってました。

今回の件は
時間が経てば経つほど、思い出すたびに
恐ろしさが増していきます。
もしかしたら、取り返しのつかないことに
なっていたかもしれません。

今回は、大事には至りませんでしたが、
万が一のことを考え、溺れた時の対処法を調べたので
コピペしておきます。
これからは、お風呂のドアはきちんとしめて
残り湯も溜めないようにして、とにかく
水周り、気をつけます!!

+++++++++

溺れてしまったら

赤ちゃんを、水から引き上げた時、大声で泣くようなら大丈夫ですが、意識がない、呼吸をしていない、おなかが異常にふくらんでいる、心臓が止まっているなどの症状がある場合は一刻を争う事態です。呼吸は、胸が上下に動いているか、または子供の口と鼻に頬を近づけ、息を感じるかどうかで判断します。心臓は手首の脈の有無や胸の耳をあて心音が聞こえるかなどで判断します。

救急車を呼んだ場合

一、上あごを引き上げ気道を確保する。
二、人工呼吸。おとなの口で口と鼻を一緒におおい、ゆっくり息を吹き込む。
三、心臓マッサージ。乳首と乳首の間あたりに指を2〜3本あてて、胸が2cmくらいへこむほどの強さで押す。
四、息を吹き返したら、水を吐かせます。顔を横に向けてうつぶせにし、おなかを持ち上げ、背中を叩く。

救急車が来るまで、まず気道を確保し、息を吹き返すように人工呼吸をしたり、心臓が止まっていれば心臓マッサージをする必要があります。息を吹き返したら、水を吐かせ、毛布などで体を冷やさないようにします。溺れたときは大声で助けを呼び、おとなが二人一組で人工呼吸や心臓マッサージなどの適切な処置を施します。おとなが一人しかいない場合は、心臓マッサージを15回したら人工呼吸を1回繰り返します。




+-- 最後まで読んでいただき、ありがとうございます。 --+
   同じく子育て中のママ・パパのブログが読めます↓♪
    
           にほんブログ村 子育てブログへ  
           にほんブログ村
| 21:00 | +- 1才2カ月 -+ | comments(0) | trackbacks(0) |
インテリアにもなる絵本♪
 最近、少しずつ言葉を覚えて声に出して
くれるようになったづっくちゃん。

ここ2ヶ月ほど、「オチタ」ブームは継続中。
物を自分で落としては、「オチタ」とニッコリ。

それは「オチタ」ぢゃない!
「落とした!」だぁ〜〜〜〜〜〜!!!

と、何度も言っておりますが
ま、わかるはずないか。。。

というわけで(?)、たぶん本当はもっと早くから心がけるべき
だったのでしょうが、最近、絵本をなるべく読んであげるように
することにしました。

0歳のころは、読んであげても即フラ〜とどっかに行ってしまい
聞いてなんかくれていなかったのですが
少し言葉の存在に気がついたのか
少しの間なら聞いてくれるようになりました。

最近のお気に入りは、これ↓


「ピヨピヨ・・・・」のリズムが面白いらしく、
ニコニコして聞いてくれます♪
そして最後に出てくる「○○○」に、ニンマリ。
この絵本は最後までじっとしていてくれます(短いけど)

そして、最近見つけたのが、これ↓

 

「ムーミンのことばのえほん」
0歳からの絵本みたいです。
ページ数は少ないですが、絵がとっても可愛い☆
ページを開いて棚に置いておけば、ばっちりインテリアに
なっちゃいます!






+-- 最後まで読んでいただき、ありがとうございます。 --+
   同じく子育て中のママ・パパのブログが読めます↓♪
    
           にほんブログ村 子育てブログへ  
           にほんブログ村
| 21:25 | +- 1才2カ月 -+ | comments(0) | trackbacks(0) |